医療機関の方へ

脳卒中パスから始まったおきなわ津梁ネットワーク。今では調剤、検査結果はもとより患者さんの日々のバイタル情報など、様々な医療情報を共有できる医療ネットワークへと成長、変革しています。
どんな機能があるか知りたい 資料や説明が欲しい 連携医療機関が知りたい
ページトップへ戻る