ホーム > 糖尿病について

糖尿病について

糖尿病

糖尿病とは?

私たちが活動するためには、「ブドウ糖」とよばれるエネルギー源が必要です。ご飯、パン、イモ、めん類などの「炭水化物」をはじめ、食物にふくまれる「糖質」は、胃や腸で分解され、「ブドウ糖」となり、血液中に吸収されます。

血液中のブドウ糖量(血糖値といいます)を一定に保つために、胃の裏側にある「すい臓」から、「インスリン」というホルモンが分泌されます。ところが、このインスリンが何らかの原因で全く分泌されなかったり、はたらきが弱くなったり、分泌の量やタイミングに問題が生じたりなどして、血液中のブドウ糖が増えすぎてしまうことがあります。
糖尿病は、「インスリンの作用不足によって血液中のブドウ糖が慢性的に増えすぎてしまう病気」です。インスリンが全く分泌されないタイプを「1型糖尿病」といいます。インスリンのはたらきや分泌量、分泌のタイミングに問題があるタイプを「2型糖尿病」といいます。日本人の場合、「2型糖尿病」が圧倒的に多く、糖尿病の実に99%を占めています。

糖尿病の合併症について

血液中のブドウ糖量が増えすぎてしまうことを「高血糖」といいます。この高血糖の状態が続くと、さまざまな合併症を引き起こします。

急性の合併症としてよく知られているのが「糖尿病性こん睡」です。糖尿病性こん睡は、著しいインスリン作用不足に激しい脱水を伴い、意識が低下します。この背景には、必ずと言っていいほど、「急性心筋梗塞」や「脳血管障害」「急性感染症」などの病気、糖質を多く含む「清涼飲料水の多飲」などがあります。
高血糖状態が持続すると、白血球の殺菌能力の低下、免疫作用の低下が起こり、「感染症」を引き起こしやすくなります。

「尿路感染症」「皮膚感染症」「肺結核」も糖尿病の急性合併症として起こる場合があります。「抜歯」や「手術」を受ける場合は、感染症予防のために血糖値を正常化しなければなりません。
慢性の合併症には、「網膜症」「腎症」「神経障害」などの「細くて小さな血管が障害される合併症」(細小血管障害)と、「脳卒中」「心筋梗塞」「狭心症」「糖尿病性足病変」などの「太くて大きな血管が障害される合併症」(大血管障害)があります。
糖尿病の本当の怖さは、体のさまざまな組織にほとんど無症状のうちに障害がおこることです。「慢性の合併症」の症状が出るころには、組織のダメージは深刻になっています。糖尿病の早期発見と早期治療が重要なゆえんです。

糖尿病の自覚症状は?

高血糖状態が続くと、「のどの渇き」「多飲」「多尿」「体重減少」などの症状がでます。しかし、血糖値が多少高い状態では、自覚症状はほとんどありません。そのため、「血糖値が高い」といわれても治療を開始しなかったり、せっかく治療を始めても中断したりという方がとても多いのです。

糖尿病の治療をせず、高血糖状態を放置してしまうと、「手足のしびれ」(神経症の症状)、「視力低下」(網膜症の症状)「たんぱく尿の出現」「むくみ」「けん怠感」(腎症の症状)などがあらわれます。これらの症状がいったん出てしまうと、進行を抑えることはできても完全にもとにもどすための有効な治療法は残念ながらありません。
 血管の障害については、糖尿病予備軍(境界型)の段階から、進み始めているといわれています。「心筋梗塞」発症のリスクは、境界型と糖尿病の方とほとんど変わらないというデータもあります。自覚症状がないからといって油断は禁物です。症状のない早い段階から、食生活の改善や運動療法をとりいれ、慢性的な高血糖状態を回避することが必要です。

糖尿病の診断は?

血液中のブドウ糖の濃度「血糖値」を測定し、以下のいずれかが2回以上確認された場合、「糖尿病」と診断されます。

空腹時血糖値が126mg/dl以上ある。随時血糖値が200mg/dl以上ある。75g糖負荷試験(糖尿病診断用ブドウ糖を飲み血糖値を測定)で2時間値が200mg/dl以上ある。HbA1c値(ヘモグロビンエーワンシー、過去1~2か月の血糖の平均を表す検査)が6.5%以上である。

糖尿病を発症したら?

2型糖尿病の場合、その発症の背景には生活習慣の乱れがあります。「遺伝的素因」(糖尿病になりやすい体質)に過食による「肥満」や「運動不足」「ストレス」などの生活習慣が加わり、糖尿病を発症します。

そのため、治食事療法による「減量」と「血糖上昇の阻止」、運動療法による「血糖の消費」と「血糖値の低下」が治療の中心となります。食事療法や運動療法で改善しない場合、飲み薬やインスリ注射による薬物療法を行うことになります。これらの治療を組み合わせることにより、血糖値を正常化し、合併症の発症を予防します。糖尿病は治療が遅れれば遅れるほど10~20年後の寿命、合併症の発症率に影響がでてきます。「鉄は熱いうちに打て」のごとく、糖尿病と診断されたら早期に治療を開始することがとても重要です。

2型糖尿病と診断される多くの方が「肥満」「高血圧」「脂質異常症」(高コレステロール、高中性脂肪、低HDL)を合併しています。そのため、血糖の改善はもちろんのこと、合併している「肥満」「高血圧」「脂質異常症」も同時に治療しなければなりません。次に、目標とする検査値を示します。ABC-STOPの合言葉で達成しましょう。

A⇒HbA1c(ヘモグロビン エー ワン シー)は7%未満に。B⇒Blood presser(血圧)は130/80以下に。C⇒Cholesterol(総コレステロール)は220以下に。ST⇒Smoking/Tabaco (たばこ)の禁止。O⇒Obese(肥満)の是正。P⇒Proteinuria(微量の尿たんぱく)の早期発見

糖尿病治療の鍵は、自己管理力を高めることです。糖尿病についてより理解を深めるとともに、定期的に検査をうけ、自分自身の身体の状態を的確に把握しましょう。学ぶあなたも主治医です。かかりつけ医との二人三脚で糖尿病を克服しましょう。

糖尿病の慢性合併症を発症しないために

高血糖状態が持続すると、血管の内側を覆っている細胞(内皮細胞)が傷つけられます。血液中のコレステロールは、傷ついた細胞から進入し、血管壁に沈着します。その結果、血管の内腔が狭くなり、詰まったり(梗塞)、破れたり(出血)します。この過程を「動脈硬化」といいます。

糖尿病のある方は、ない方に比べて、動脈硬化の進行がとても早いことがわかっています。そのため、糖尿病は別名「血管病」ともいわれています。糖尿病に「高血圧」「高脂血症」が合わさると、全身の「血管を中心とした組織」は強いダメージを受けてしまいます。特に、細くて小さな血管(細小血管)の集合体である「網膜」や「腎臓(正確には腎臓の糸球体)」はダメージを受けやすく、「失明」「腎不全」に至る場合もあります。残念なことに、わが国における「失明」「血液透析導入」の原因となる疾患の第一位は「糖尿病」です。

太くて大きな血管(大血管)が分布している「脳」や「心臓」は、「脳梗塞」「心筋梗塞」を起こしやすくなります。糖尿病の方の脳梗塞や心筋梗塞の発症率はとても高く、その結果、糖尿病のない方に比べて平均寿命が10年程度短いということも指摘されています。

「高血糖」や「高血圧」「高脂血症」に「肥満」「喫煙習慣」が加わると、動脈硬化のリスクはさらに高まります。合併症は血糖値を下げるだけでは予防できません。血糖コントロールに加えて、高血圧や高脂血症の治療、減量、禁煙、これらすべてを同時に実行することがとても大切です。

慢性の合併症には、糖尿病に特徴的な手足のしびれや痛みをきたす「神経症」、失明の恐れのある「網膜症」、タンパク尿が出て進行すると血液透析にいたる「腎症」などの「細くて小さな血管が障害される」合併症があります。これらは三大合併症といわれ注意を促す意味で(「し、め、じ」と覚えます。さらには糖尿病に特有ではありませんがとても多い合併症として「脳卒中」「心筋梗塞」「狭心症」「主に脚の血管がつまる末梢動脈性疾患」などの「大きな血管が障害される」合併症があります。糖尿病は「血管病」といわれるほど、慢性的な血糖の上昇が大小の血管に障害を引き起こし、寿命に影響を与えます。その他、手の腱が固くなる病変、足の切断につながる足病変、最近注目されている歯周病(心臓病,肝硬変の発症とも関係)や認知症(糖尿病をもっていない人の2~4倍の発症率)などがあります。こうした合併症を食い止めるにはどうすればよいのでしょう。実は前述したABC-STOPがここでも重要です。糖尿病と診断されたとき、多くの方々が肥満、高血圧、脂質異常症(高コレステロール、高中性脂肪、低HDL)、を合併しています。そのため血糖だけでなく合併しているこれらの病気も同時に治療しなければなりません。特にタバコは動脈硬化を引き起こすのみならず、肺がんやCOPD(慢性気管支炎、肺気腫)の発症にもつながりすぐに禁煙することが重要です。禁煙のための薬剤も開発され禁煙率が以前より著しく向上しています。

糖尿病予防のポイント!

糖尿病患者では、肥満を合併していることが多く、減量するだけで、治療中の薬剤を中止できる方も少なくありません。沖縄県は成人の肥満率やメタボリック症候群の合併率が男女とも全国でもトップクラスです。食生活のなかでも脂肪の摂取量が多く、肥満の原因の一つといわれております。

よって日頃より過食や運動不足にならないよう心掛ける必要があります。健診を受けていない方は積極的に健診を受け、異常を指摘されたらすぐに医療機関を受診し適切に治療を受けることが大切です。このおきなわ津梁ネットワークに参加されている多くの先生方は糖尿病治療を熱心になさっている先生方です。どうか糖尿病改善のため受診しての治療を開始してください。相談を特に糖尿病の家族歴があり肥満のある方は糖尿病発症のリスクが高く注意が必要です。

「糖尿病」をはじめとする生活習慣病は、ある日突然私たちを襲ってはきません。幼いころからの習慣が積み重なって、生活習慣病のもとは作られています。「生活習慣病は家庭で作られる」といっても過言ではありません。一方生活習慣病を遠ざける習慣もまた、家庭から始まります。「体に良い食品や調理方法を選ぶ」「楽しく食卓を囲む」「食や健康について語りあう」「適度な運動を実践する」「ストレスをため込まない」などの日々の実践が生活習慣病を遠ざける確かな一歩となるでしょう。糖尿病および合併症を予防するために大切なことは、「糖尿病について正しく理解すること」「糖尿病を恐れないこと」そして「決して侮らないこと」です。日々の生活を見直し、無理なくできること、楽しくできることを少しずつ実践することによって、糖尿病および合併症の発症・進展を阻止していきましょう。

インスリンは胃の裏側にある「すい臓」という臓器から分泌され、血液中の「ブドウ糖」(血糖)を下げます。インスリンの分泌低下が起こったり、はたらきが悪くなったりすると、血液中の血糖が上昇し、高血糖状態になります。この高血糖状態が持続する病気が「糖尿病」なのです。さらに、高血糖状態が慢性的に持続することで、急性または慢性の合併症を引き起こします。
インスリンは血糖を下げることのできる唯一のホルモンです。インスリンが全く分泌されないタイプを「1型糖尿病」、インスリンの分泌量や分泌のタイミングに問題があるタイプを「2型糖尿病」といいます。

ホーム > 糖尿病について

このページのトップへ

おきなわ津梁ネットワーク

沖縄県医師会

〒901-1105 沖縄県南風原町字新川218-9 / TEL:098-888-0087 / FAX:098-888-0089